小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

吉野家/200万食突破「ライザップ牛サラダ」に第2弾「エビアボカド」

商品/2020年02月05日

吉野家は2月6日、ライザップとのコラボレーション商品第2弾「ライザップ牛サラダエビアボカド」(税別600円)を発売する。

<ライザップ牛サラダエビアボカド>
ライザップ牛サラダエビアボカド

2019年5月に販売したコラボ第1弾「ライザップ牛サラダ」は、ボディメイクや糖質制限している顧客に支持され、現在では200万食(2020年2月5日現在)を突破した。

「牛丼」の要素もありながら、高タンパク質、低糖質を叶えたライザップ公認メニューとなっている。

コラボ第2弾は、牛肉、エビ、アボカド、鶏もも肉、ブロッコリー、キャベツ、玉ねぎ、半熟玉子が入った、ライザップ公認の高たんぱく質、低糖質メニュー。ライザップ牛サラダにエビとアボカドが追加されながらも、より高たんぱく質、低糖質となっており、カロリーは440kcal、1食で1日に摂りたい野菜の3分の1を摂ることができる。

吉野家では、「ミックスビーンズの替わりにエビとアボカドをプラスすることにより、たんぱく質量をアップし、糖質の低減を可能にした。健康を気にして摂る食事に「飽き」は大敵。ライザップ牛サラダのバラエティを増やすことで、来店回数やオーダー回数の減少を抑制し、継続的なご利用を促したい」とコメントしている。

エビとアボカドは、吉野家全店で販売するメニューとして初めて使用する食材であり、ライザップ牛サラダのパワーアップのために追加した新規食材。エビとアボカドが追加されたことで、味わいだけでなくより一層食感が豊かになった。1食での食べ応えがパワーアップしたため、1食でしっかりと満腹感を感じてられるという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧