メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アイリスオーヤマ/国内にマスク生産設備導入「月6000万枚」生産

2020年03月31日商品

アイリスオーヤマは3月31日、日本政府からの要請に応じて、日本国内にマスクの生産設備を導入することを決定し、日本への供給能力を約8割引き上げると発表した。

約10億円を投資し、宮城県角田市の「角田工場」でマスク生産を開始する。生産アイテムは、不織布マスク(プリーツマスク、学童用マスク)で、6月からの稼働を予定している。

また、世界的な新型コロナウイルスの感染症問題の長期化に伴い、マスクの入手が困難な状況が続いていることから、今回、大連工場(中国・遼寧省)と蘇州工場(中国・江蘇省)に加え、宮城県角田工場の一部を改修してマスクの生産をおこなうことを決定した。

これまで中国の大連工場と蘇州工場の2拠点において、24時間フル稼働でマスクを生産し、月間8000万枚を日本国内に供給してきた。しかし、国内では海外生産のリスク増加により、マスクの品不足が長期化している。

今回、日本国内の生産設備導入により、月6000万枚のマスクを新たに生産でき、日本国内へ月1億4000万枚を供給できる体制になる。これまで中国1カ国に依存していた生産体制を分散し、リードタイムを約2週間短縮できるため、安定供給の体制を構築する。

■角田工場 マスク生産概要
所在地:宮城県角田市小坂上小坂1番
設備投資金額:約10億円
生産能力:6000万枚/月
生産アイテム:不織布マスク(プリーツマスク、学童用マスク)
稼働時期:2020年6月

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方