メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/PB「水」容器を100%リサイクルペットボトルに変更

2021年06月21日商品

関連キーワード:

ファミリーマートは6月21日、PB「ファミリーマートコレクション 天然水 新潟県 津南 600ml」(税込100円)と、「ファミリーマートコレクション 天然水 宮崎県 霧島 600ml」(100円)の容器を、再生PET樹脂を100%使用したリサイクルペットボトルに変更したと発表した。

再生PET樹脂は、使用済みペットボトルからリサイクルした原料を使用した。リサイクルリサイクルペットボトル商品の切り替えは、7月上旬をめどに、全国のファミリーマート約1万6600店で完了する予定。

<ファミリーマートコレクション 天然水 新潟県 津南 600ml>

今回、ペットボトルを刷新して販売する「天然水 新潟県 津南 600ml」は、「名水の郷」といわれる津南地域の水で、硬度が17mg/Lの軟水。

<「ファミリーマートコレクション 天然水 宮崎県 霧島 600ml>

また、「天然水 宮崎県 霧島 600ml」は、霧島山系の地層から採れた水で、硬度は150mg/Lの中硬水になる。

ファミリーマートでは、新容器への切り替えにより、2020年度比で、石油から新規に製造されるプラスチックの使用量を年間で約780トン減らし、製品製造でのCO2排出量については、年間で約750トンの削減を見込んでいる。

同社は、2020年2月に、環境に対する中長期目標「ファミマecoビジョン2050」を策定。「温室効果ガス(CO2排出量)の削減」「プラスチック対策」「食品ロスの削減」のテーマで数値目標を設定し、取り組みを進めている。

「プラスチック対策」では、オリジナル商品の容器・包材に、バイオマスプラスチックや再生PETなどの環境配慮型素材の使用を促進しており、今回の施策もその一環。2050年までに、環境配慮型素材の割合を100%する目標を立てている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年08月10日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方