メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブン-イレブン/ALSOK、NECと連携しクラウド型防犯カメラを導入

セブン-イレブン・ジャパンは4月21日、綜合警備保障(ALSOK)と日本電気(NEC)と連携し、クラウド型の防犯カメラサービスの導入を開始したと発表した。

現在、セブン-イレブンの約500店で導入済で、今後、全店に展開する予定だ。多店舗展開する小売業においてクラウド型の防犯カメラサービスを大規模に展開するのは初の取り組みという。

防犯カメラの映像をクラウド上で収集・管理し遠隔地から閲覧可能とするNECのクラウド映像管理ソフトや映像録画用のネットワーク対応レコーダーを中核に、全国に拠点を持つALSOKが防犯カメラのサポートサービスを24時間365日体制で行なうもの。

地域に密着した生活インフラとしてお客がより安心して商品を購入できるよう、サービスの導入により災害など不測の事態発生時に映像を用いて店舗の状況を把握し、適切な初期対応や店舗の早期復旧を図るという。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方