小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

内田洋行/データの有効活用でリアルタイム経営実現セミナー、30日開催

内田洋行は6月30日、ウイングアーク1stと「情報活用セミナー ~社内にある様々な情報を有効に使えてますか?~」を開催する。

社内に蓄積されているあらゆるデータを有効活用し、リアルタイム経営を実現する方法を紹介する。

基調講演では「リアルタイム経営」を具現化する手法を説明し、BIダッシュボード「MotionBoard」の導入事例や、ERPである「Super Cocktail Innova」に蓄積されたデータを可視化し、経営判断を支援する具体例を紹介する。

■開催概要
日時:6月30日(木)15:00~17:10(受付14:30~)
会場:ウイングアーク 1st 本社
   東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
http://www.wingarc.com/company/map/tokyo_access.html
入場:無料(事前登録制)

■詳細・申し込み
http://www.uchida.co.jp/jumpadmin/jump.php?id=353009070616

■プログラム
15:00~15:40 基調講演
「価値ある情報をリアルタイムに活用するには?」
迅速な経営判断が求められる今、大量のデータ分析にじっくり時間をかけている猶予はありません。「必要なときに」「できるだけ早く」分析結果を入手できることこそ、活きた情報を活用したリアルタイム経営を実現するための不可欠の条件です。一方、企業内において情報基盤が整備されていても、どのように情報を有効活用すればよいか、迷われている企業は少なくありません。
本講演ではリアルタイム経営を具現化するための手法を紹介する。
ウイングアーク 1st 
営業本部 GTM推進部
副部長 大畠 幸男氏

15:50~16:20 セッション1
「リアルタイムでデータを可視化し、価値ある情報へと変える“見える化”ツールの紹介」
多様なシステムへのデータベース接続、モバイル環境への対応など、情報活用ダッシュボードが企業データ活用のために何ができるのか?その特長や機能だけでなく、さまざまな用途での利用価値を導入事例を交えて紹介する。
ウイングアーク 1st

16:30~17:10 セッション2
「ERPデータもこれなら見える! 意思決定のスピードをあげる基幹データ活用実例」
ERPデータはストックする為のデータではなく、日々の経営に活かしてこそ価値あるデータとなる。セッションでは、社内データを分析する事で、経営のスピードアップを図った実例をERP「スーパーカクテルイノーヴァ」を活用した分析実例をデモを交えながら紹介する。
内田洋行

■問い合わせ
内田洋行
情報システム事業部 プロダクト営業部
担当:横田
TEL:03-6659-7131

関連キーワード:

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧