メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

サイバーエージェント/小売向け「デジタルPOP」、AIカメラ活用

サイバーエージェントのAI事業本部は8月19日、電子POP掲載管理プラットフォーム「CyberPOP(サイバーポップ)」の提供を開始したと発表した。

<小売向け「デジタルPOP」>
小売向け「デジタルPOP」

店頭販促ツールとして用いられている従来のPOPは、ポスター、チラシなど紙媒体が多く、張り替えや管理作業などに工数がかかっていた。そのため来店客へのタイムリーな商品訴求ができず、販売機会の損失、食品ロスなどによって売上・利益率の最大化が難しいという課題があった。

そこで、POPのデジタル化により掲載内容のリアルタイムな運用を実現し、販促効果の最大化およびオペレーション工数の削減が可能な電子POP掲載管理プラットフォーム「CyberPOP」を開発した。

「CyberPOP」を導入することで、小売店舗に設置した全ての電子POPの掲載内容をネットワーク上で管理することが可能になり、店舗スタッフがスマートフォン、タブレットなどからいつでも簡単に切り替えることができる。

店舗独自のキャンペーン、タイムセールなどの告知、商品の購買、併せ買いを促す訴求など、店舗ごとの来店客の属性や在庫状況も加味したタイムリーな運用によって店舗売上(日販)の向上、食品ロスの最小化を目指す。

1店当たりの初期費用は、ハードウェアの導入費、「CyberPOP」のシステム利用料のほか、必要に応じてクリエイティブ制作費などが別途発生する。

また、電子POPに搭載されたAIカメラの画像認識技術を活用することで、商品棚前に訪れた来店客の属性を推定し、「棚前通過人数」「視聴人数」「視聴時間」のデータを取得。これらのデータは管理ツールで確認することができる。

デジタル化によりPOPの作成や設置、張り替えが不要となり、オペレーションの省人化にも繋がるという。

ハードウェアは、小型タイプ、大型モニター、STBなど様々な種類を取り揃えており、店舗ごとに最適な電子POPをネットワーク込みで提供する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方