流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ヤマダデンキ、大塚家具/オンライン接客「STAFF START」「LINE STAFF START」導入

2021年10月25日 15:00 / IT・システム

ヤマダホールディングスは10月25日、ヤマダデンキと大塚家具にオンライン接客「STAFF START」「LINE STAFF START」導入すると発表した。

バニッシュ・スタンダードのStaff Tech(スタッフテック)カンパニーが提供するスタッフDXのアプリケーションサービス「STAFF START(スタッフスタート)」を導入するもの。

<STAFF STARTの概要>
STAFF STARTの概要

「STAFF START」は、専用アプリを通じて、自社ECサイトやSNSなどで、店舗スタッフのオンライン接客を可能にするStaff Techサービス。店舗スタッフが撮影した画像に商品情報などを紐づけて、ECサイトやSNSに投稿することで、その投稿を通じて商品紹介、提案を行うことができる。スタッフ1人ひとりの投稿コンテンツを経由し、どのくらいEC売上やPVが発生したか成果が可視化されるので、本部はそれらの実績を店舗やスタッフ個人の評価に役立てることができる。

バニッシュ・スタンダードによると、「スタッフの投稿を通じて達成されたEC売上が把握でき、スタッフ個人や所属する店舗の実績として評価に利用できる。現在、利用ブランド数は1600を超え、2020年9月から2021年8月の間に「STAFF START」で作成されたコンテンツを経由した流通総額は、1200億円を達成している」という。

<Tecc Life Selectのイメージ>
Tecc Life Selectのイメージ

「LINE STAFF START」は、店舗スタッフにLINEの公式アカウントを発行し、LINE上でのオンライン接客を可能にするサービスで、今秋から新たにスタートした。

LINE社が提供するLINE公式アカウントを通して、店舗スタッフが友だち追加した顧客に対してダイレクトまたは一斉に商品やコーディネートの紹介、キャンペーン告知などをメッセージ配信やLIVE配信などを活用して簡単にオンライン接客し、売上を可視化できる。

今回ヤマダデンキでは、家電、家具、インテリア、リフォーム、生活雑貨等を揃える新しい業態「Tecc Life Select(テックライフセレクト)」において、「STAFF START」ならびに「LINE STAFF START」を導入した。「たのしい・・・・。くらしをしあわせにする、ぜんぶ。」を打ち出す同店舗で、カテゴリーを横断した複合的な商品知識を備える店舗スタッフが、店頭同様、オンラインでも自身のコンテンツを通じてお客に「くらしまるごと」の提案を行う予定だ。

なお、家電・家具業界において「STAFF START」「LINE STAFF START」の導入を発表するのは今回が初めてで、「くらしまるごと」の提案をオンラインでも実現できるよう取り組むという。

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧