メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

伊藤園/AI画像解析を活用、スマホ画像でお茶のおいしさ推定

2022年02月09日IT・システム

関連キーワード:

伊藤園は2月9日、AI画像解析による荒茶(茶畑で摘んだ生葉を新鮮なうちに「蒸す・もむ・乾燥させる」という一次加工した茶葉)の品質推定技術を開発したと発表した。

<スマホ画像でお茶のおいしさ推定>
スマホ画像でお茶のおいしさ推定

従来、お茶の品質評価は嗜好(しこう)品であることなどから、官能検査によって行われてきた。官能検査技術の習得には長い年月を必要とすることから、専用の成分分析機器を使用して客観的な品質評価を行う手法も確立されている。

しかし、この専用の成分分析機器は高額であるため、規模が大きい生産農家でないと導入が難しいという課題があった。

今回、荒茶の品質向上とコスト低減に寄与することを目的に、マクタアメニティが持つ「おいしさの見える化」技術を用いて、AI画像解析による荒茶の品質推定技術を開発。2022年春から、伊藤園が展開する茶産地育成事業の一部産地にて試験運用をスタートする。この技術は、手持ちのスマートフォンで撮影した画像をクラウド上でAI解析するもので、簡便かつ安価に荒茶の成分(うまみ成分であるアミノ酸など)の状態を推定できるようになるという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方