メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マックスバリュ東海/惣菜工場にポテサラ盛り付けロボットを導入

2022年04月05日IT・システム

関連キーワード:

日本惣菜協会は3月29日、マックスバリュ東海が惣菜製造工場にポテトサラダの盛り付けロボットを導入したと発表した。

<惣菜工場にポテサラ盛り付けロボットを導入>
惣菜工場にポテサラ盛り付けロボットを導入

柔らかくて形の定まらないポテトサラダは従来、実用的な価格のロボットシステムが迅速に見栄え良く盛り付けることが難しいとされていた。今回、関係各社と協力することで実運用を可能にしたという。

2021年9月に経済産業省の「令和3年度 革新的ロボット研究開発等基盤構築事業」にて事業の代表となった同協会は、ロボットが作業しやすい環境づくりと惣菜盛付ロボットシステムの開発について、各企業と取り組みを進めていた。

その結果、惣菜盛り付けロボット開発経験を持つアールティの惣菜盛り付け協働ロボットFoodlyを、惣菜企業3社(ヒライ、藤本食品、イチビキ)の現場に導入。さらに、生産性重視の産業用ロボットを使用した惣菜盛り付けロボットシステムをFAプロダクツ、オフィスエフエイ・コム、日本サポートシステムの3社、食品ロボットシステムで実績のあるコネクテッドロボティクスを中心に開発を推進し、マックスバリュ東海の惣菜製造工場の現場へ3月に4台導入した。

今まで、野菜などの不定形物や粘着性の高いポテトサラダのような食材をロボットが扱うのは技術的に難しいとされていた。また少量多品種で、曜日や時間帯によって段取り替えが多い惣菜製造工場では自動化が進んでいないという現実があった。コネクテッドロボティクスのロボットは、決められた重量の食材や具材をつかんで、製品トレイに盛り付ける作業工程を自動化することができる。惣菜製造工場の大幅な建て替えなどを行わずに、既存の製造工程ラインに導入することが可能になったという。

ポテトサラダであれば、惣菜盛付ロボット1台で1人分の作業を行うことができ、一般的な惣菜製造工場の1ラインに4台セットすると、現状は1時間で1000食分生産できる。

■プロジェクト参画企業(協力企業含む)※50音順
アールティ
イチビキ
エクサウィザーズ
FAプロダクツ(Team Cross FA)
オフィスエフエイ・コム(Team Cross FA)
グルーヴノーツ
グルメデリカ
コネクテッドロボティクス
デリカスイト
ニッセーデリカ
日本サポートシステム(Team Cross FA)
ヒライ
ファミリーマート
藤本食品
マックスバリュ東海

■「盛付ロボット」の紹介はこちら
https://connected-robotics.com/products/planting-robot/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方