メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三井不動産/「東京ミッドタウン八重洲」にデリバリーロボット導入

2022年04月22日IT・システム

三井不動産は4月22日、東京都中央区で開発中の「東京ミッドタウン八重洲」に、デリバリーロボット、清掃ロボット、運搬ロボットといった各種ロボットを導入し、DXを推進すると発表した。

<ロビーでのロボットの稼働イメージ>
ロビーでのロボットの稼働イメージ

コロナ禍において広がりを見せているフードデリバリーサービスだが、これまではセキュリティの観点からデリバリー配達員はオフィスロビー等で受け渡しを行っていた。そのため、高層階で働くオフィスワーカーはロビーまで降りて品物を受け取るという不便さを感じていた。

今回「東京ミッドタウン八重洲」では、ロボットがオフィスロビーで配達員から品物を受け取り、オフィスワーカーに直接デリバリーをするサービスを初導入する。これにより、オフィスワーカーの利便性が向上するとともに、配達員とオフィスワーカーとの接触がなくなることで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策にも寄与する。また、このサービスは「東京ミッドタウン八重洲」館内にある飲食店のテイクアウト品のデリバリーにも対応する。

<デリバリーロボットのサービスイメージ>
デリバリーロボットのサービスイメージ

また、既存オフィスビルでは、労働力不足への対応という観点から清掃ロボットなどの活用を進めてきた。ただし、これまではオフィスビル内でのロボット移動においては人がエレベーターに同乗する必要があり、完全な省人化を実現できていなかった。

今回の「東京ミッドタウン八重洲」では、建物の実施設計者である竹中工務店と共にロボットフレンドリーな建物の構築を行った。ロボットがエレベーターを自分で呼び乗降する階を指定することができ、これにより完全な省人化が実現可能となった。

さらに、運搬ロボットを導入することで、集荷業務等において重量のある荷物を誰でも移動させることが可能となり、より多様な人材の就業が可能となる。これにより、日本政府が提唱する「Society 5.0」の「ロボットなどの技術で人の可能性が広がる社会の実現」を推進する。

<ビル内でのロボット稼働イメージ>
ビル内でのロボット稼働イメージ

東京ミッドタウン八重洲は、8月に竣工し、商業施設が9月に先行オープン、2023年3月に全館グランドオープンする予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方