メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/北海道・四国で「ポイント付与」デイリー商品廃棄削減

2019年08月29日販促

セブン-イレブン・ジャパンは8月28日、現在、直営店10店で実施しているエシカルプロジェクトの実験店舗を、北海道・四国に拡大する方針を明らかにした。

<セブン-イレブンのデイリー商品売場>
セブン-イレブンのデイリー商品売場

エシカルプロジェクトは、販売期限3時間前の米飯・サンドイッチ・麺類・デリカテッセン・スイーツ・ペストリーといったオリジナルデイリー商品を購入するとnanacoポイントをエシカルポイントとして付与する施策。

販売期限が迫ったデイリー商品に、ポイントを付与することで、商品購入を促す施策。現在、付与する時間や率を変えたテストも実施している。本部で、具体的なポイント付与の仕組みを確立した上で、加盟店の判断でエシカルプロジェクトの導入を決定する方針だ。

ポイント付与率については、検証中で、3%・5%・7%・10%など、10%前後のポイントでテストをしている。

テスト店舗では、廃棄ロスが約10%減っている効果があるため、年内の全国導入を視野にいれた検討を開始した。

現在は、実験段階のため、エシカルプログラムについて、お客に告知することができてきない。今後、SNSなども含めてエシカルプログラムの認知度拡大を図ることで、さらに、廃棄ロスは削減できるとみている。

日本フランチャイズチェーン協会の記者懇談会で、古谷一樹会長は、「コンビニは、おにぎり・お弁当・サンドイッチといったフレッシュなデイリー商品を売って成長してきた。一方で、フードロスの問題が注目を集めている。エシカルプロジェクトを成功させたい」と述べた。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月31日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方