流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





東急/冬の節電で「商業施設へお出かけ」提案、ヒカリエなど145店参加

2022年11月25日 13:10 / 販促

東急、東急モールズデベロップメント(TMD)、東急パワーサプライの3社は12月1日~2023年3月31日、今冬に予想される電力需給ひっ迫という社会課題を踏まえ、家の電気を消して、商業施設へのお出かけ(「OFF&GO」アクション)を提案する「東急線沿線お出かけ節電プロジェクト」を実施する。

<プロジェクトの告知>
プロジェクトの告知

プロジェクトは、環境省が提唱する「脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動」に賛同し、東急とTMDが運営する渋谷ヒカリエやグランベリーパークなどの商業施設のテナント145店舗(11月25日時点)で使えるおトクな「節電クーポン」を、特設サイトより発行するもの。家の電気を消して商業施設などに出かけることで、誰もがおトクに楽しく過ごしながら「節電行動」に参加できるものと期待しており、環境省が推奨する「ウォームシェア」の生活スタイルを具現化する取り組みとなる。

参加する商業施設は、二子玉川ライズ S.C.、たまプラーザ テラス、青葉台東急スクエア、グランベリーパーク、みなとみらい東急スクエア、武蔵小杉東急スクエア、渋谷ストリーム、渋谷ヒカリエ、エトモ、五反田東急スクエア、中央林間東急スクエア、MY SWEETSなど。

<参加する商業施設>

参加者は、特設サイトトップページから対象店舗を確認し「クーポンを表示する」ボタンからクーポンを表示、対象店舗からの特典を受け取る。クーポンは対象期間中何度でも使用できる。

例えば、渋谷ストリーム対象店舗では、「Bar&Dining TORRENT」で会計が10%OFF、「クラフトビールタップ グリル&キッチン」でクラフトビール1杯サービス、「The Room COFFEE&BAR」でソフトドリンク1杯サービスを実施する。

今回、各商業施設内、東急線車内にあるTOQビジョンなどグループの媒体を通じた周知活動に加えて、この取り組みに賛同する東京電力エナジーパートナーとの協業により広く生活者が参加できるように取り組む。

東急は、3月に発表した「環境ビジョン2030」において、環境と調和する街のコンセプトとして、「なにげない日々が、未来をうごかす」を掲げ、環境に良い行動が特別な負担感なく選択でき、誰もが持続可能な社会と地域環境の再生に貢献できるまちづくりを目指している。

今後も、さまざまなステークホルダーと社会課題解決に向け連携し、多様なニーズに対応した新たな価値の提供を行うことで「選ばれ続ける東急線沿線」の実現を目指す。

■東急の関連記事
東急歌舞伎町タワー/エンタメフードホールなどテナント詳細発表

関連記事

関連カテゴリー

販促 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧