流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





セブン&アイ/11月はイトーヨーカドー0.7%減、ベニマル0.6%増

2022年12月15日 15:20 / 月次

セブン&アイ・ホールディングスが発表した主要事業会社の月次営業情報によると、11月のイトーヨーカ堂の既存店の総売上計(SC計)は、前年同月比0.7%減となった。

内訳は、商品売上1.3%減、客数3.6%減、客単価2.4%増、テナント0.6%増となった。全店は、総売上計2.0%減、うち商品売上2.7%減、テナント他0.3%減だった。

<11月の売上状況>

社名 前年同期比
全店 既存店
イトーヨーカ堂 2.0%減 0.7%減
ヨークベニマル 2.5%増 0.6%増
そごう・西武 0.4%増 0.4%増
セブン&アイ・フードシステムズ(デニーズ) 1.8%減 1.1%増

ヨークベニマルの既存店は、売上高0.6%増、客数1.9%減、客単価2.4%増。全店売上は2.5%増となっている。

そごう・西武は、既存店売上0.4%増、全店売上0.4%増だった。

セブン&アイ・フードシステムズ(デニーズ)の既存店は、売上1.1%増、客数1.4%減、客単価2.5%増。全店売上は1.8%減となった。

■セブン&アイの関連記事
セブン&アイ/東京ビッグサイト「エコプロ 2022」に出展

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧