メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

多店舗オペレーション改革/デジタル販促、AIカメラなど解説4月20日無料開催

2021年03月25日セミナー

ドリームアーツは4月20日、「多店舗オペレーション改革カンファレンス​ 怒涛のNo.1ソリューション10連発​」をオンライン開催する。

<デジタル販促、AIカメラなど解説>
20210325deam 728x297 - 多店舗オペレーション改革/デジタル販促、AIカメラなど解説4月20日無料開催

多店舗運営企業において、各業務のデジタル化を検討したいがシステムが溢れていてよくわからない、どのようなシステムが必要なのかもわからないといった課題はないだろうか。

今回のカンファレンスでは、多店舗オペレーション改革を支援するさまざまな領域を代表するソリューションが一堂にそろう。

ドリームアーツ、ネクスウェイの多店舗コミュニケーションツール「Shopらん」「店舗matic」、ロコガイドの国内最大級の買物情報サービス「トクバイ」、オーエムネットワークの統合シフト管理システム「アールシフト」などが登場する。

カンファレンスに参加することで、自社の課題にマッチした領域のソリューションを見つけることができる。

各セッションでは、実際に導入した企業の事例も紹介し、自社の業務に置き換えることも想定しながら参加できる。

■開催概要
開催日時:2021年4月20日(火)13:00~17:00
会場:オンライン開催
主催:ドリーム・アーツ​
賛同社:ネクスウェイ、ロコガイド、オーエムネットワーク、ABEJA、カオナビ、インフォマート、ラクス、RPAテクノロジーズ
募集対象:多店舗を運営する事業会社に所属するビジネスパーソン
参加費:無料(先着500人)

■詳細・申込はこちら
https://shoprun.jp/no1-conference/

■プログラム(講演順は調整中)
・Shopらん/店舗maticで実現する多店舗運営改革
多店舗運営においては、店舗の負担を軽減させながら、本部で考えた施策がしっかりと店舗で遂行しきれる状態をつくることが重要。本部-店舗間コミュニケーションから始める多店舗オペレーション改革を紹介する。

ドリーム・アーツ 協創パートナー推進本部
アカウントエグゼクティブグループ
寺前 春花氏

ネクスウェイ
登壇者調整中

・店舗販促のデジタルシフトを実現・国内最大級の買い物情報サービス「トクバイ」
コロナという大きな変化を経て、2021年消費者から求められている情報はどのようなものか、店舗販促をしていく上で重要ことを説明する。全国6万店舗の情報発信を支援するなかでデジタルシフトを実現している企業様の事例など解説する。

ロコガイド マーケティング部
三宅 秀氏

・統合シフト管理システム「アールシフト」
「アールシフト」は単なるシフト自動ツールに留まらない。適切にシフト管理することによる生産性の向上について、2016年の販売開始以来、5年に渡って顧客の業務改善をサポートした事例を紹介する。

オーエムネットワーク 東京支店
支店長
入田 年明氏

・AIカメラを用いて来店客を分析し店舗課題を解決するツール「Insight for Retail」
昨今、顧客の購買行動の変化から、店舗運営を効率的に行う重要性がより高まっている。AIカメラを用いて顧客の動向を正確に理解し、「目に見えない店舗の課題」を明らかにして解決に導いた事例を説明する。

ABEJA AIプロダクト事業部
安宅 雄一氏

・HRテクノロジーで現場が変わる!タレントマネジメントシステム「カオナビ」の多店舗活用術とは
昨今働き方の多様化が急激に加速したことにより、今改めて注目されているのがタレントマネジメントだ。これからの時代に不可欠なテクノロジーである、タレントマネジメントシステムの「カオナビ」のデモを交え、各企業の活用事例を紹介する。

カオナビ アカウント本部 フィールドセールス1グループ
マネージャー
後藤 秀臣氏

・請求書発行・受取の負担を解決!電子請求クラウド「BtoBプラットフォーム 請求書」
企業間や店舗単位の請求処理、すべて電子化しませんか?同社利用企業50万社超のなかから、多店舗展開されている本部/店舗の悩み、時間や手間の効率化成功事例を解説。また電子インボイス制度などの請求書の最新トピックスも説明する。

インフォマート 事業推進2部
インサイドセールスチーム
恩田 菜々子氏

・メールの面倒を解消!メール共有管理システム「メールディーラー」
仕事上で1番利用するメール。面倒だなと感じることが多いのではないだろうか。「メール共有」というメールの新しい概念に加え、累計6000社以上の導入実績をもとに、メールディーラーで変わるメール対応を紹介する。

ラクス FOクラウド事業本部
MD事業部企画課
矢崎 澪氏

・ユーザー同士で助け合えるRPAツール「BizRobo!」であらゆる業務を自動化!
「BizRobo!」は業務自動化ロボットの作成に加え一括管理で運用できる、多店舗運営企業に適したサーバー型RPA。経理・労務などバックオフィス業務から日々のメール作成やデータ集計まで「ここを自動化したい!」を実現。製品だけでなく導入を成功に導くコミュニティが魅力だという。

RPAテクノロジーズ
カスタマーインスパイア事業部
和田慎也氏

■問い合わせ先
https://shoprun.jp/no1-conference/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年06月12日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方