メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオン/グループ1600施設がライトダウンキャンペーンに参加

2016年06月21日店舗経営

イオンは6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)に、「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加する。

全国のグループ店舗や事業所など約1600施設で20時~22時に屋外照明の一部を消灯し、地球温暖化防止に努める。

この取り組みにより削減できる電力は、グループ全体で約7万4400kWhとなり、 これは一般的な家庭約5400世帯が一日で使用する電力量に相当するという。

七夕が近づく7月2日には、イオンモール幕張新都心で、お客に改めてCO2削減について考えてもらう機会として、光る短冊に願いごとを書く七夕イベントを開催する。

短冊は水分に触れると発電するマグネシウム電池により発光する。マグネシウム電池は、発電時にCOを排出しないなどの点から環境負荷が低いと言われ、将来の新エネルギーとして多方面で期待されている。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方