流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





伊藤忠商事/ファミリーマート株式を買い増し、持株比率43.6%に

2016年02月04日 16:30 / 経営

ファミリマートは2月4日、筆頭株主の伊藤忠商事からファミリマート株式の買い増しを決定した旨の連絡を受けたと発表した。

買付予定株式数は640万株で、総株主の議決権数に対する割合は約6.7%。現在、伊藤忠商事のファミリマートに対する議決権割合は約36.9%で、買い増しにより、議決権割合は約43.6%になる予定。

ユニーグループ・ホールディングスとの間で経営統合を行うことを踏まえ、引き続き緊密な協働関係を維持することを目的とした施策。

ユニーグループHDとの経営統合後のファミリーマートに対する伊藤忠商事の議決権割合は約33.4%となる見込み。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧