メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

公取委/ファミリーマートに下請法違反で勧告

2016年08月25日経営 行政

公正取引委員会は8月25日、ファミリーマートに対し調査を行ったところ、下請法の規定に違反する行為が認められたので、同社に対して勧告を行ったと発表した。

<勧告の概要>
勧告の概要

ファミリーマートは、消費者に販売する食料品の製造を資本金の額が3億円以下の法人たる事業者に委託していた。

しかし、開店時販促費、カラー写真台帳製作費、などを支払わせる行為により、下請事業者の責めに帰すべき理由がないのに、下請代金の額を減じていた。

減額した金額は、下請事業者20人の総額約6億5000万円だった。

ファミリーマートは6月29日、下請事業者に対し、減額した金額を支払っている。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方