メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/販促物を半減し、店舗の労働時間削減

2017年06月05日経営

ファミリーマートは6月5日、新マーケティング戦略を発表した。商品、販促、広告、お店の4つの視点でマーケティング戦略を構築する施策で、それぞれで見直しを行う。

<新マーケティング戦略>
新マーケティング戦略

お店の視点では、今期中に販促物の削減に取り組み、現在の販促物を半減させる計画だ。

販促物を削減することで、これまで販促関連の店舗作業で2時間43分かかっていた作業時間を半減させる予定だ。

<澤田社長>
澤田社長

澤田社長は「労働力不足は日本全国ではじまっている。店舗のオペレーションを楽にする必要があり、改革推進室を設けた。改革推進室ではキャンペーンの数を減らす、効果のある販促物を作るという2つの視点で販促物の削減に取り組んでいる。オペレーションを簡素化して、スタッフが楽しく働ける環境を作ることが我々の役割だ」と語った。

これまでは膨大なキャンペーンがあり、キャンペーンごとに膨大な販促物の付け替え作業があり、店舗オペレーションの負担になっていた。

販促物も効果のある販促物と効果のない販促物が混在しており、これが販促物を増やす原因となっていたという。

澤田社長は「基本は販促物が無くても売れる状況だが、まだ、そこには至っていない。販促物の削減数は、かなり劇的な数字を狙っている」と語った。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月02日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方