小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/7月からFC含む2店で「深夜時間帯の無人営業」実験

ローソンは3月29日、7月頃から数カ月間、フランチャイズ加盟店を含む2店で、深刻化する人手不足への対策として深夜時間帯の無人営業の実験を開始すると発表した。

<ローソン>
ローソン

先般、経済産業省が実施したフランチャイズ加盟店アンケート結果でも、人手不足という回答が4年前の調査よりも大幅に増加した。

今回の実験では、0時~5時の5時間をレジに店員がいない無人営業とする。

事前に専用アプリ(ローソンアプリ)の登録者が、店舗入口でアプリ上に表示されるQRコードを読み取る事で、ドアの開錠を行い入店する。

年齢確認が必要なたばこ・酒類の免許品、カウンターファストフーズ、切手類、収納代行やチケット発券など店員が必要な商品・サービスの販売を除き、通常通りの商品を販売する。

<完全セルフレジ>

決済方法は、「ローソンスマホレジ」と、現金での支払いも可能で自動釣銭機能が付いた「完全セルフレジ」の2種類を予定している。

完全セルフレジは、「ゲートシティ大崎アトリウム店」と都内の1店に導入している機種を使用する。

自動釣銭機機能付きPOSレジで、電子マネー・クレジットカード・バーコード決済などのキャッシュレス決済に加え、現金での支払いができる。

実験開始当初は商品の片付け作業やシステムなどトラブルの備えとして、1人はバックヤードで勤務するが、時期を見て完全無人化に移行する。

防犯対策として店舗に設置している防犯カメラの増設も行う。来店客に対しては、開始日前の店内でのお知らせと、店頭で貼り紙により案内するとともに、完全セルフレジ付近には操作マニュアルを用意するなど、迷惑を掛けない配慮を最大限行う。

深夜便で搬入している商品の受け取りや、深夜便自体を行わないなど、物流面や作業効率も含めた実験についても検討している。

実験期間中も検証を繰り返し、取り扱い商品の拡大、システム改修や運用方法の見直しなどを随時行う予定だ。

店舗オペレーション・防犯・物流面の課題、売上の推移、お客の声などを検証した上で、その後の拡大展開を検討する。

これからも、デジタル技術を積極的に活用し、従業員にとっては働き易く、お客にとっては便利なお店づくりを目指す。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧