小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヤマダ電機/ECサイトからクレジットカード情報3万7832人分流出

経営/2019年05月29日

ヤマダ電機は5月29日、同社が運営する「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」において、第三者による不正なアクセスを受け、クレジットカードの情報が最大3万7832件流出した可能性があると発表した。

<ヤマダウエブコム>
ヤマダウエブコム

3月18日~4月26日の期間中に「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」において新規クレジットカード登録、クレジットカード登録の変更した顧客最大3万7832人で、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードの情報が流出したという。

不正アクセスの可能性が疑われたため、調査を経て4月26日時点で「ヤマダ ウエブコム・ヤマダモール」での新規クレジットカード登録、及びクレジットカード登録の変更を停止。

同時に、第三者調査機関「P.C.F.FRONTEO社」による調査も開始した。

5月20日、調査機関による調査が完了し、3月18日~4月26日の期間に「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」で新規クレジットカード登録、クレジットカード登録を変更した顧客のクレジットカード情報が流出し、一部の顧客のクレジットカード情報が不正利用された可能性があることを確認した。

原因は、第三者によって「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」に不正アクセスされ、ペイメントアプリケーションの改ざんが行われたためとしている。

既に同社では、クレジットカード会社と連携し、流出した可能性のあるクレジットカードによる取引のモニタリングを継続して実施し、不正利用の防止対策を行っている。

なお、顧客がクレジットカードの差し替えを希望する場合、カード再発行の手数料は顧客に負担を掛けないよう、同社よりクレジットカード会社に依頼している。

同社はこのたびの事態を厳粛に受け止め、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策および監視体制の強化を行い、再発防止を図っている。

改修後の「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」の新規クレジットカード登録の再開日は、改めてWebサイト上にて告知する。

今回の不正アクセスについて、監督官庁である個人情報保護委員会には5月28日に報告済みであり、警察当局にも5月7日に報告及び相談致しており、今後捜査にも全面的に協力する。

■問い合わせ窓口
ヤマダ電機 お客様相談窓口
受付時間:9時~20時 (土日祝含む)
フリーダイヤル:0120-335-537
customer.hotline@yamada-denki.jp

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧