小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブンイレブン/消費増税「支払金額の計算方法」変更でお詫び

経営/2019年09月18日

セブン-イレブン・ジャパンは9月18日、ホームページに「支払い金額の計算方法の変更について」の告知を発表した。

<セブン-イレブン>
セブン-イレブン

10月1日から実施する消費税率引き上げに伴い、支払い金額の計算方法を9月16日に変更したところ、同じ商品を購入しても、購入本数によっては、支払い額が異なることになった。

これまでは、税込価格で支払金額を算出していたが、今回、本体価格に税率ををかけた計算方法に変更した。

例えば、コーヒー税別93円、税込100円の商品の場合、1本は100円となるが、3本の場合は税別価格279円に8%の消費税を加えて301円となる。

9月17日には、ツイッターなどSNSを中心に、利用客から戸惑いの声が上がっていた。

告知では、「10月1日から予定されている消費税率引き上げに伴い、9月16日より、支払い金額の計算方法を、本体価格による計算へと 変更した。税抜き販売のため、購入商品合計を計算した後に消費税の計算を行っている。この変更に伴い、商品を複数個購入した際に、ひとつずつ会計した場合と比較し、支払い金額が異なる場合がある。事前の告知が不足しておりましたことをお詫び申し上げます」と記載している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧