メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

クオール/新型コロナウイルス影響でFAX処方せん受付、電話服薬指導

2020年03月09日経営

クオールホールディングスは3月9日、新型コロナウイルス感染症に対する取り組みを発表した。

グループ薬局の運営については、行政・医療機関との連携、ウイルスの分解力に優れたオゾン除菌脱臭器「AIR BUSTER(エアバスター)」の設置、FAXなどによる処方せんの受付、電話や情報通信機器を用いた服薬指導体制の整備を進めている。

従業員は、原則としてマスクを着用している。

入居している各施設の営業時間変更などに伴い、一部店舗の営業時間が通常時と異なる場合があるとしている。

また、全国の小学校、中学校、高校などにおける一斉休校に対処するため、一部店舗で通常時と比べ、少ない従業員数での対応を行っているため、薬を交付するまでに時間がかかる場合もあるが顧客に理解を求めている。

処方せんを事前に薬局に送信できる、「クオール処方せん送信アプリ」(一部店舗未対応)を利用すると、薬局での待ち時間を短縮できるという。

さらに、健康フェアなどの不特定多数が参加されるイベントについては、当面の間、原則として中止する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方