メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

愛織/新型コロナウイルス・暖冬で破産、生活雑貨aideco運営

2020年03月09日経営

東京商工リサーチによると3月3日、愛織は事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任した。負債総額は数億円が見込まれる。

1974年11月創業。生活雑貨やファッション雑貨の専門店を展開していた。1986年以降、店舗名を「aideco(あいでこ)」としてショッピングモールなどに出店し、最盛期にはフランチャイズも含めて30数店舗を出店し、2010年頃には約10億円の年間売上高をあげていた。

しかし、扱い品がブームに左右されやすく、近時は消費低迷などの影響を受けて業容は縮小傾向で推移。対策として不採算店舗の閉鎖を進め、直近の直営店舗は8店にまで減少していた。

また、雑貨に加えて婦人服にも注力し、2017年2月期の売上高は約5億9000万円を計上したものの、2019年秋口以降は暖冬の影響もあって婦人服の販売が低迷した。

さらに、新型コロナウイルスの感染拡大で今年2月の来店客が激減。債務超過で金融機関から借入金返済のリスケジュールを受けていたが、支えきれず今回の措置となった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方