小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イズミ/LIXILビバへ「ゆめタウン宗像」譲渡、九州初のビバモールに

経営/2020年03月19日

イズミは3月19日、福岡県宗像市の「ゆめタウン宗像」を8月31日をもって、LIXILビバへ譲渡すると発表した。

「ゆめタウン宗像」は、高齢者、身体障がい者などが安心して利用できる「ユニバーサルデザイン」を取り入れた来店者に優しい店として、1999年11月19日にオープンした。

地球環境に配慮したリサイクル活動も積極的に展開している。

今回、LIXILビバの次世代型ホームセンターと同社の食品売場の融合と専門店の組み合わせにより、幅広い客層を集約することで、他社との差別化を図るため、事業を譲渡する。

LIXILビバ運営のもと「ゆめタウン宗像」から「ビバモール宗像(仮称)」に生まれ変わっても、イズミは食品売場の運営を継続することで、これまで以上に顧客ニーズに対応した品揃えとサービス提供を目指す。

LIXILビバの次世代型ホームセンターの「住」と同社の地域一番の品揃えにこだわった「食」、魅力ある専門店の組み合わせにより、快適に楽しく過ごせる新しい業態のショッピングセンターが、2021年春に九州初のビバモールとしてオープンする予定だ。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧