小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファーストリテイリング/医療用マスク57万点を追加寄贈

経営/2020年06月25日

ファーストリテイリングは6月25日、全国の医療機関、介護施設に医療用マスク57万点を追加寄贈すると発表した。

3月以降、新型コロナウイルス感染症対策支援として、国内外の医療機関等へ医療用を中心にマスク約1500万点などを無償提供。この一環として5月25日、医療資材の不足に直面する国内の医療機関等を対象に、医療現場で使用できる個人防護具の一種であるアイソレーションガウン100万点と機能性肌着「エアリズム」、マスク400万点を寄贈することを表明した。

マスクについては、中小規模の病院や介護施設に広く支援を届けるため、オンライン窓口を開設して直接支援要請を受け付けたところ、5月25日~6月1日の1週間で全国47都道府県から計1万6815件の支援要請があった。

これらの要請に応えるため、予定していた400万点に加えて急遽約57万点の追加寄贈を実施するもの。

今回寄贈するマスクは、医療用に転用可能な高性能立体型マスクと医療用平型マスクの2種類。6月10日から順次全国に発送しており、追加寄贈分を含めて全457万枚が7月中旬をめどに提供完了する予定だ。

マスク支援要請は、全国の医療機関、介護施設・福祉施設、有料老人ホームなどから広く寄せられた。中でも、歯科医院からの要請が約1万1000件、介護施設・福祉施設・老人ホームが約1000件と全体の7割以上を占めているという。

最前線で新型コロナウイルス感染症の患者に対応する感染症指定医療機関や大規模病院への支援が優先される中、飛沫が飛散しやすい環境にある歯科医、感染および重症化リスクの高い高齢者が利用する施設で依然としてマスクが不足していることが分かった。

さらに、子ども向けの施設からも多くの要望があったことから、認定NPO法人フローレンス「新型コロナこども緊急支援プロジェクト」を通じて、全国の小児病院NICUへアイソレーションガウン5万点、小規模保育施設向けにマスク10万点を6月末以降順次、無償提供する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧