メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/急なシフトにも対応「短期採用サービス」実験導入

2020年12月11日経営

ローソンは、店舗の従業員募集の取り組みとして、12月12日勤務分より関東エリアの500店舗を対象に、関連会社のローソンスタッフが提供する短期人財採用サービス「matchbox(マッチボックス)」の導入実験を開始する。

<matchboxを実験導入>
matchbox

実験は、2021年2月末までの約3カ月間実施し、検証結果を踏まえ2021年3月以降の全国での導入を目指す。

実験対象地域は埼玉県、千葉県、東京都内の一部地域が対象となっている。

「matchbox」は、2014年にローソンが加盟店と設立した関連会社であるローソンスタッフが実施する、短期人財採用サービス。店舗側が就労時間の3時間前までに求人を行い、登録している求職者が自身の条件に合った店舗に応募、店舗側が人財を選択する仕組み。

<オンラインでマッチング>
オンラインでマッチング

通常の人財派遣とは異なり、店舗側の直接雇用形態となり、店舗側は、求職者に対して勤務時間分の給与と、ローソンスタッフ社に対して勤務時間に応じて設定された手数料を支払うもの。

店舗側の直接雇用のため、通常の人財派遣と比較して手数料は割安だという。

また、費用はローソンスタッフが一旦立替え払いを行い、ローソンの毎月の会計処理で精算。登録する求職者の募集は、外部求人サイトとの連携、SNS広告などを通じて実施する。

コンビニエンスストア業界では、従来より人手不足が大きな課題となっている。今年に入り応募者は増加傾向にあるものの、病気や個人の事情による急な欠勤が発生した場合の人員手配の要望は多い。

一方、「子育てなどの合間に少しだけ勤務したい」、「空いた時間の副業として勤務したい」など多様な働き方を希望する人が増えている。

6月に埼玉県と神奈川県内の合計3店舗で行った先行実験では、募集した全10シフト全てでマッチングが成立し、シフトの空きが解消される結果となったという。

■実験概要
実施期間:2020年12月12日~2021年2月28日の勤務分
対象店舗:埼玉県(さいたま市他)、千葉県(船橋市、松戸市、市川市、柏市他)、東京都(新宿区、渋谷区、中野区、杉並区、多摩エリア)の約500店舗

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方