メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/PBペットボトル飲料6品でラベルのプラ使用量50%削減

2022年03月11日経営

関連キーワード:

ローソンは3月14日より順次、オリジナルペットボトル飲料の「緑茶」「烏龍茶」「麦茶」「ほうじ茶」「ジャスミン茶」「アールグレイ(無糖)」(全品税込100円)計6品において、ラベルのプラスチック使用量を従来の約50%にすると発表した。

<ラベルのプラ使用量50%削減>
ラベルのプラ使用量50%削減

これまでは、ペットボトル全体を覆うようにラベルを貼付していたが、ハーフラベルに変更。これにより、年間約100トンのプラスチック削減が見込めるという。

プラスチック使用量の削減比率は「緑茶」「ジャスミン茶」「アールグレイ(無糖)」は54.55%、「烏龍茶」「麦茶」「ほうじ茶」は50.0%。3月1日に発売した「ルイボスティー」(100円)は、発売日よりハーフラベルで販売している。

ローソンでは2030年、2017年度対比で容器包装プラスチック使用量を30%削減を目指している。2050年には、オリジナル商品の容器包装プラスチックにおいて環境配慮型素材を100%使用する目標を設定している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方