メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

訪日外国人客数/1月は52%増の185万2000人

日本政府観光局は2月16日、1月の訪日外国人客数が前年同月比52.0%増の185万2000人と発表した。

<訪日外国人客数の国別シェア>
訪日外国人客数の国別シェア

1月として過去最高を記録し、単月として昨年7月の191万8000人に次いで過去2番目となった。

アジア地域での学校休暇による訪日旅行者数の増加と、欧米豪地域における航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がりを受けた訪日需要の拡大が主な要因と分析している。

継続的な訪日旅行プロモーション、円安による割安感の定着、ビザの大幅緩和、消費税免税制度の拡充等による効果も後押ししているという。

市場別では、中国が学校休暇期間の前倒し(2016年1月20日頃からの約1か月、2015年1月末からの約1 か月)やクルーズ需要の増加を受けて、2.1倍の47万5000人を記録。1月として過去最高となった。

韓国が初めて単月で50万人を超える51万5000人を記録し、豪州と共にそれぞれ単月として過去最高を更新し、ロシアを除く16市場が1月として過去最高を記録した。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方