メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マグノリアベーカリー/日本上陸2周年でオンラインストア開始

<ビニャスカCOO(左)とネイサンCEO(右)>
ビニャスカCOO(左)とネイサンCEO(右)

日本上陸2周年を記念したイベントに出席したアンドリュー・ネイサンCEOは「これまでの2年間は、非常に好意的に受け入れてもらい、認知度を高めることができた。次のステージに進むためにオンラインストアを開始する」と語った。

カトリーナ・ビニャスカCOOは「日本ではカップケーキが有名だが、当社にはパイ、チーズケーキ、プディングなどアメリカのクラシックなスイーツがある。日本向けにミニサイズの展開も開始しており、カップケーキ以外の商品をもっと知ってもらいたい」と語った。

<ケーキコーナー>
ケーキコーナー

ドラマで有名になったカップケーキは、定番商品のバニラカップケーキ(430円)で、もっとも甘味が強くバタークリームの風味も強い商品。そのため、ドラマと同じ商品を食べ、甘すぎる、くどいといった印象を持つお客もいる。

ただ、同社ではレシピはブランドのコアであると考え、日本向けにレシピのアレンジをせず、アメリカ本国と同じレシピを再現している。

<店内>
店内

ビニャスカCOOは「150種類と幅広いレシピがあり、バニラホイップ、メレンゲ、クリームチーズ、モカなど甘さが穏やかな素材を生かした商品もある。多様なバリエーションがあるレシピを活用してお客とコミュニケーションする」と語る。

<ケーキのディスプレイ>
ケーキのディスプレイ

日米で合同開発した抹茶を使った商品や桜をイメージをした商品も展開しており、アメリカ本国のレシピをベースに、ローカライズしたメニューも投入している。

店舗は表参道店のみだが、エキナカや駅ビル、百貨店などに積極的に期間限定店舗を展開。カップケーキ以外に、ミニサイズのパイ、バナナプディングなどを販売する。

<クッキーも販売>
クッキーも販売

夏に向けては、冷たく冷やしたデザートのほか、アイスクリームサンドイッチも訴求する。

次>> カップケーキ以外の商品を試してほしい

<前へ 次へ> 1 2 3

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方