小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ブルーボトルコーヒー/六本木にオープン

ブルーボトルコーヒージャパンは9月16日、東京・六本木のオフィス商業複合ビル「TRI-SEVEN ROPPONGI」に国内4号店となる「ブルーボトルコーヒー六本木カフェ」をオープンする。

<ブルーボトルコーヒー六本木カフェ>
ブルーボトルコーヒー六本木カフェ

14日、関係者向けに内覧会を開催した。TRI-SEVEN ROPPONGIは、東京ミッドタウンの真向かいに位置している。

店舗は、地下1階だが、屋外に面した構造で、緑と光が差し込み、四季のうつろいを感じられるスペースとなっている。

<店内のコーヒーカウンター>
店内のコーヒーカウンター

ブルーボトルコーヒーは、2002年にジェームス・フリーマン氏が創業し、現在はサンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京の4都市圏で28店を展開している。

同社によると、「おいしさを徹底して追求。コーヒー生豆は厳しく選別し、カフェで販売する豆は、焙煎されてから48時間以内の豆のみを店頭に並べるのが特徴」という。

ハンドドリップで抽出するブレンド(税別450円)、シングルオリジン(550円~)、コールドブリュー(500円)やトースト(450円~550円)、エッグサラダ(500円)、クッキー(200円~300円)などを提供する。

<1杯ずつコーヒーを抽出>
1杯ずつコーヒーを抽出

1杯ずつコーヒーを抽出

日本国内では2015年2月6日に、東京・清澄白河に焙煎所とカフェを併設した「ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ」をオープンし、日本に上陸した。

同年3月5日に、東京・南青山にカフェの旗艦店として「青山カフェ」をオープン。2016年3月25日には、初の商業施設内店舗を新宿駅新南口直結の駅ビル「NEWoMan」に出店した。

<コーヒーの抽出の様子>
コーヒーの抽出の様子

次>> 六本木カフェはオフィスワーカーの利用を想定

次へ> 1 2 3
関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧