小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

訪日外国人客数/3月は31.7%増の200万人

日本政府観光局は4月20日、3月の訪日外国人客数は前年同月比31.7%増の201万人だったと発表した。

初めて単月として200万人を超え、過去最高の記録となった。これまでの単月過去最高は、2015年7月192万人だった。

主な要因としては、近年さらに人気が高まっている桜シーズンを迎えたことや、昨年4月だったイースター休暇が今年は3月となり欧米市場や一部アジア市場からの訪日需要が増加したことが挙げられる。

また、継続的な訪日旅行プロモーションや、航空路線の拡大、クルーズ船の寄港増加、燃油サーチャージの値下がりも、引き続き訪日旅行者数の増加を後押ししている。

市場別では、香港、フィリピン、米国、カナダ、英国、ドイツが単月として過去最高を記録した他、ロシアを除く13市場が3月として過去最高を記録した。

1月からの累計では、韓国に続き中国も100万人を超え、147万2000人となった。

4月は、高い桜人気に加え、中華圏の清明節やタイのソンクラン(タイ正月)といった連休、クルーズ船の寄港などが増加要因として考えられるものの、「熊本地震」の影響も踏まえ、状況を注視していくという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧