流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





三井不動産/「三井アウトレットパーク 台中港」第2期増床で220店舗に拡大

2021年11月04日 13:50 / 海外

三井不動産は12月16日、台湾の「三井アウトレットパーク 台中港」第2期をオープンする。

<三井アウトレットパーク 台中港>
三井アウトレットパーク 台中港

同施設は2018年に第1期が開業。昨年来のコロナ禍においても台湾当局の指導のもとに感染対策を行い、一日も休業することなく営業を継続していた。第2期増床計画により新たに約50店舗が増え、全体で約220店舗の台湾中部最大級の本格アウトレットモールにリニューアルする。

顧客の要望を反映し、インターナショナルブランド、日系セレクトショップといった物販店舗の拡充を中心に、食物販、軽食など幅広いブランド・商品カテゴリーがそろう。

台湾のアウトレット初出店9店舗を含む約50店舗が新規オープン。台湾初進出となる「Abercrombie&Fitch」、「HOLLISTER」のほか、「GAP」などのインターナショナルブランド、「BEAMS」「UNITED ARROWS」といった日系セレクトショップゾーンが拡充される。「logitech」「LE CREUSET」いったライフスタイル系ブランドも充実している。

既存の第1期開業済みエリアにおいても、ラグジュアリーブランド店舗の改装・拡大、人気飲食店の出店により、さらに充実した店舗ラインアップを実現した。

「MICHAEL KORS」「HUGO BOSS」、ESTEE LAUDERグループ複合コスメショップ「The Cosmetics Company Store」などが登場する。

■三井アウトレットパーク 台中港
所在地:台湾台中市梧棲区台湾大道10段
交通アクセス:主要幹線台湾大道にて市中心部から約22km(車で約45分)、南北の大動脈である国道3号線「沙鹿IC」から約8km
事業形態:アウトレットモール
敷地面積:約18万m2
店舗面積:第1期・第2期計4万3000m2
店舗数:第1期・第2期計約220店舗

関連記事

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧