メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ベスト電器/2月期第1四半期に決算を発表

2017年07月12日決算

ヤマダ電機は7月12日、6月28日に上場廃止となったベスト電器の2018年2月期第1四半期決算を発表した。

ベスト電器の2018年2月期第1四半期決算によると、売上高は393億7900万円(前年同期比0.1%増)、営業利益4億6800万円(72.3%増)、経常利益6億3100万円(39.0%増)、当期利益6億1000万円(前期は2億9200万円の当期損失)となった。

家電小売業は、売上高は323億400万円(0.1%増)となり、売上総利益率の改善、販売費及び一般管理費の削減により、営業利益は10億5300万円(23.9%増)と増収増益となった。

家電卸売業は、売上高は60億円(2.0%減)となり、営業利益は1億1500万円(14.0%増)と減収増益となった。

なお、ヤマダ電機は7月1日にベスト電器を完全子会社している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方