メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アルフレッサHD/4~6月は営業利益37.5%減

2017年08月04日決算

アルフレッサホールディンス8月4日に発表した2018年3月期第1四半期決算は、売上高6466億8700万円(前年同期比0.3%増)、営業利益62億7100万円(37.5%減)、経常利益87億300万円(31.9%減)、当期利益58億2500万円(33.7%減)となった。

医療用医薬品等卸売事業の売上高は5677億6100万円(0.3%減)、営業利益47億2000万円(49.9%減)となった。

成長分野のスペシャリティ医薬品流通においては、希少疾病用医薬品・希少疾病用医療機器等の流通事業を行うエス・エム・ディを起点とし、富田薬品とモロオと連携したスペシャリティ医薬品流通ネットワークが、新たな医薬品の取り扱いを開始するなど、取扱品目数を着実に増やした。

引き続き、スペシャリティ医薬品を必要としている全国の患者や医療機関、医薬品メーカーなどへの対応力を強化する。

通期は、売上高2兆5950億円、営業利益342億円、経常利益446億円、当期利益299億円の見通し。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方