小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン-イレブン、サントリー/全国7地域の嗜好に合わせたBOSS「セブンズボス」

セブン‐イレブン・ジャパンは10月16日、サントリー食品インターナショナルと共同開発したセブンプレミアム×サントリーBOSS「セブンズボス」シリーズ商品を、全国のセブン‐イレブン(20,600店、9月末現在)で発売する。

<セブンボスオリジナル>
セブンボスオリジナル

「セブンズボス オリジナル」「同 微糖」各185g缶(税別93円)、「同 ブラック」285gボトル缶110円、390gボトル缶118円を発売する。

ナショナルブランドのBOSSは185g缶の税別希望小売価格115円、285gボトル缶が130円、390gボトル缶が140円で、プライベートブランドとして手頃な価格設定とした。

セブンプレミアムで、缶コーヒーのエリア別商品を発売するのは初めての取り組み。

清涼飲料では2015年4月21日に、日本コカ・コーラとセブン&アイ・ホールディングスの共同企画として、セブンプレミアム×一(はじめ)「一緑茶」500mlPETボトル(93円)を全国3エリア別の使用で発売したことがある。

<セブンズボス 微糖>
セブンズボス 微糖

サントリーは、BOSSの新しい取り組みとして、進化と深化をテーマとしており、今回は、より地域に寄り添った深化を目指した。

ショート缶市場は減少傾向が続いているが、コーヒー飲料市場で約60%と最大ボリュームを占める市場であり、ヘビーユーザーに向けた活動を積極的に展開し、缶コーヒー市場を盛り上げる。

サントリーは2015年7月に、「ボス レインボーマウンテンブレンド」をリニューアルした際に、今回と同様に全国を7地域に分けて、地域の嗜好に合わせた「ご当地ブレンド」を期間限定で発売している。

今回は、2015年に行った調査をブラッシュアップし、「セブンズボス」の開発に生かしたという。

<セブンズボス ブラック>
セブンズボス ブラック

「地域密着」をテーマに掲げ、各地域の缶コーヒーユーザーとの絆を深めたいという考えのもと、全国7地域の嗜好に合った中味設計を行い、多種多様な嗜好に応える味わいを実現したという。

市場調査によると、例えば、関西であればミルクの甘さ、濃厚さを求める傾向があり、九州はコーヒー感、後味の飲みやすさを求める傾向や、関東・甲信越は力強いコーヒーの味わいを求める傾向などが分かったという。

<セブンボスオリジナルの地域別特徴>
セブンボスオリジナルの地域別特徴

<セブンズボス微糖の地域別特徴>
セブンズボス微糖の地域別特徴

ブラックコーヒーにおいても地域による嗜好性があるため、ボトル缶コーヒーである「セブンズボス ブラック」についても3タイプの味わいに仕上げ、地域ごとに異なる味わいの商品に仕上げた。

コーヒーはミルクと砂糖の組み合わせで味わいに差をつけやすいが、ブラックはコーヒーのみで味わいに差をつけるため、3タイプの味わいを開発したという。

<セブンズボスブラックの地域別特徴>
セブンズボスブラックの地域別特徴

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧