小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サントリー/「伊右衛門」を冬の味にリニューアル

サントリー食品インターナショナルは11月1日、「伊右衛門」を冬の味にリニューアルする。

<冬の味「伊右衛門」>
冬の味「伊右衛門」

「伊右衛門」は、昨年5月より、容器・容量ごとの飲み方や飲用シーンが異なることや季節ごとに水分摂取量や嗜好、飲用実態が異なることに着目し、飲み方や季節に合わせてお茶の味わいを変えている。

小容量ペットボトルにおいて、それぞれの季節に合わせた味わいのお茶を提供している。

今回、冬の訪れを前に、中味・パッケージをリニューアルした、冬の「伊右衛門」を全国で順次発売。

炙り茶葉を使用し、甘く香ばしい香りを引き出し、また石臼挽き抹茶を豊富に使用することで、寒い冬に合う、深い味わいを実現した。

パッケージにはマットな金色を使用し、少し濃い目でぜいたくな味わいを表現した。

内容量は280~500ml、希望小売価格(税別)が115~140円。

2リットルペットボトルなどの大容量は、中味・パッケージの変更はない。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧