小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マンハッタン/モバイルPOS対応の統合オムニチャネル・ソリューション販売

マンハッタン・アソシエイツは1月14日、モバイルPOSとクライエンテリング機能を標準搭載した、統合オムニチャネル・ソリューションを日本国内で販売開始すると発表した。

クライエンテリングは、店舗での商品購入にあたって役に立つと思われる情報を、顧客の過去の購買履歴や個々の趣味嗜好に応じて選別し、店舗のモバイル端末からすぐに呼び出すことが可能な機能。

米国では、モバイルPOSも一体化され、決済までをその場ですべて完了させることが出来るシステムとして急速に普及が進んでいる。

マンハッタン・アソシエイツのソリューションを活用することで、在庫管理や販売システムなど個別に利用している複数のアプリケーションも、1つの使い易いモバイル販売ソリューションとして統合することが可能になる。

また、モバイルアプリの管理、複数の統合ポイントの管理、統一性のないユーザーインターフェースなど、流通小売業が抱えるさまざまな問題も解決する。

日本での発売を開始した統合オムニチャネル・ソリューションにより、流通小売業の現場では、デジタルチャネルと物理チャネルを統合し、顧客の嗜好ごとにパーソナライズした情報とサービスを提供するすることが可能になる。

店舗では、クロスチャネルの購入履歴、ウィッシュリスト、オンラインショッピングカートや返品の履歴などが自動的に更新されるほか、店舗の延長としてのデジタル商品カタログにも即座にアクセスすることができる。

これにより、販売ネットワーク全体での在庫管理を効率的に行い、アップセルやクロスセルの売り上げを大幅に改善することが可能。また、クレジットカード、現金や小切手、Apple PayやNFCモバイル決済など、さまざまな支払方法にも対応する。

オムニチャネルを導入した流通小売企業では、返品に対する対応も大きな課題になっている。マンハッタン・アソシエイツが提供する革新的なPOS機能には、複雑な返品状況にも対応できるように、新しいルール設定機能が用意されている。これにより、注文が行われたチャネルや、顧客が選択した払い戻し方法に関係なく、返品の容易な受け入れが可能になる。

このソリューションは、マンハッタン・アソシエイツが提供する業界最先端の Enterprise Order Management アプリケーションと統合されているため、ネットワークを介して顧客管理、在庫管理、受注処理と連携しながら、柔軟なオーダーオーケストレーションを行うことができる。

マンハッタン・アソシエイツは、中央(本社)とローカル(店舗)向けの各ソリューションで構成される強力なポートフォリオの提供により、流通小売企業がオムニチャネル戦略を実現し、顧客とより緊密な関係を構築するための支援を行っている。

本社向けのオムニチャネル・ソリューションでは、柔軟性の高いオムニチャネル組織の構築に必要な全社オーダー管理を含むインフラを提供。また、POSとクライエンテリングを含む 店舗向けのオムニチャネル・ソリューションでは、現在の店舗に求められる5つの重要な機能(オンライン販売、カスタマーサービス、パーソナライゼーション、店舗フルフィルメント、運営管理)をすべてサポートしている。

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧