小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/スマホ使った映像通訳サービス「みえる通訳」2万台導入

イオンは2月1日、多言語映像通訳サービス「みえる通訳」を全国の「イオン」「イオンスタイル」約550店舗、約2万台導入する。

<「みえる通訳」利用イメージ>
「みえる通訳」利用イメージ

「みえる通訳」は、いつでもどこでもワンタッチで通訳オペレーターにつながり、顧客との接客をサポートする多言語映像通訳サービス。

従業員が携帯するイオンモバイルの社内スマートフォンやタブレット端末を使用することで、円滑なコミュニケーションが可能になり、顧客を待たせことなく、正確な情報を伝えることができる。

英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語・ロシア語・フランス語・タガログ語の10言語に対応する。今後、「みえる通訳」をグループ企業にも順次導入拡大していく。

今回、春節でインバウンド顧客が増加することや、今後オリンピックなどで外国人観光客が増えることを見据え、導入した。

さらに、イオンは訪日客に向けた割引クーポンの発行、「AlipayR」「WeChat Pay」などのモバイル決済サービスの店舗拡大やインバウンドホームページの充実化、インバウンドSNSでの情報配信など、外国人旅行客向け各種サービスを拡充する。

■「みえる通訳」概要
サービス開始日:2019年2月1日より本格展開
店舗数:約550店(約2万台)
<各社導入店舗の内訳>
イオンリテール:約400店
イオン北海道:40店
イオン九州:65店
※サービスカウンターにてタブレットでの対応となり、スマホは順次店舗へ導入予定。
イオン琉球:47店
対応言語:英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語・ロシア語・フランス語・タガログ語の10言語
※時間帯により一部対応できない言語あり

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧