メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

2019年11月07日店舗レポート

東急は11月13日、田園都市線南町田グランベリーパーク駅直結の商業施設「グランベリーパーク」をオープンする。11月7日関係者向け内覧会を開催した。

<グランベリーパーク>
20191107g1 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

2017年に閉館した「グランベリーモール」の跡地を再整備するもので、町田市と連携して11月13日にまちびらきをする「南町田グランベリーパーク」内に出店するもの。

施設コンセプトは、「生活遊園地~くらしの『楽しい』があふれるエンターテイメントパーク」。隣接する鶴間公園と一体的にデザインした緑豊かな街並みに、新たな発見が生まれる買物と体験の場、7つの屋外広場と、それぞれ異なるコンセプトをもつ6つのパビリオンで構成する商業施設となる。

全241店舗中、4割がアウトレット業態、3割が飲食・食物販となる。旧モール時から、ファミリー需要が大きく、「グランベリーパーク」でも家族をメインターゲットとした。多世代で楽しめる食、アウトドア、エンターテイメントなど個性豊かな店舗を集積した。

<久世福アウトレット>
20191107g2 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

青木太郎総支配人は、「2017年に閉鎖した時のグランベリーモールの年商は約180億円だった。今回は、グランベリーモールの2倍以上の売上、来館者1400万人を目指す。テナントについては、旧モールは、飲食店が5店しかなく飲食店の要望が強かった。食物販の要望も多かったため、食を強化した」。

「フードコートの約400席を中心に、飲食店テナントを合わせて約1000席を超える飲食店の客席数を用意した。旧モールは約100店のうち60店以上がアウトレット業態だったが、今回は全体の約40%をアウトレット業態とし、アパレルから食物販のアウトレット業態までそろえている」と説明した。

<アコメヤのお徳品>
20191107g14 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

注目の食に関し、フードコート「ギャザリング・マーケット」、スーパー「東急ストア」、冷凍食品専門店「ピカール」、食物販「久世福商店アウトレット」、お徳品もそろえた食・雑貨の「アコメヤ」、小籠包食べ放題「點心甜心」など多彩な店がオープンする。

<ギャザリング・マーケット>
20191107g3 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

1000坪を超える「ギャザリング・マーケット」は、駄菓子屋「あまのや繁田商店」、カレーパンの販売でギネス記録を作った地元の人気ベーカリー「パンパティ」などがそろう。

<パンパティ>
20191107g4 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

青木支配人は、「海外のマルシェをイメージした食のエンターテイメント空間に仕上げた。公園で食べられるよう各店では、ワンハンドでも食べられるものなどテイクアウトに力を入れている」としている。

<パフェのテイクアウトも>
20191107g5 544x288 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

新鮮な魚介が楽しめる「魚河岸 中興商店」はたこのゆでたて調理、マグロの解体ショーなどを行い、ライブ感ある店づくりをしている。

<中興商店>
20191107g6 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

そのほか、ベーグル&ベーグルの新業態、鶏白湯ラーメン名店の新業態「自由が丘 蔭山楼」、「シュマッツ・ビアスタンド」などを楽しめる。

<自由が丘 蔭山楼>
20191107g7 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

食品スーパー「東急ストア」は、即食簡便商品を拡充し、デリカを強化。平日の駅の乗降客、グランベリーパークで働くスタッフの朝食・昼食・夕食需要、休日のファミリーのニーズを取り込む。23時まで営業している。

<デリカを強化した東急ストア>
20191107g8 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

食物販では、冷凍食品専門店「ピカール」が出店。人気のクロワッサン、カット野菜、デザートなどがそろう。

<ピカール>
20191107g9 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

アウトレット業態の「久世福商店」では、通常店舗よりお得な価格で人気のだしなどが購入できる。

<人気のだしもアウトレット価格で>
20191107g10 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

また、メインターゲットの家族に向け、モンベルでは日本最大のメンズ、ウィメンズ、キッズで登山、キャンプ、カヌーと幅広くそろう店舗をオープンする。

<日本最大のモンベル>
20191107g11 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

東急百貨店の新業態コスメ・雑貨の「シンクス ビューティー パレット 南町田店」でも、女性向けコスメ、ファッション雑貨だけでなく、香川照之さんプロデュースの子ども服など家族で買物できる商品をそろえている。

<香川照之さんプロデュースの子ども服>
20191107g12 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

公園とスムーズにつながる設計となっており、グランベリーパーク内、公園には広場、ベンチ、カフェなどを各所に設置し、買物、体験、発見などパークライフを楽しめる。

<公園とスムーズにつながる設計>
20191107g13 544x407 - グランベリーパーク/売上360億円・来館者1400万人目標、食を強化

■商業施設計画概要
施設名称:グランベリーパーク(Grandberry Park)
所在地:東京都町田市鶴間3-4-1
敷地面積:約8万3000m2
延床面積:約15万1000m2
店舗面積:約5万3000m2
店舗数:241店舗
駐車場:約2000台
着工:2017年5月9日
設計:東急設計コンサルタント
施設デザイン:LLT(ラグアルダ・ロウ・棚町建築事務所)
ランドスケープデザイン:Fd Landscape
https://gbp.minamimachida-grandberrypark.com/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月14日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方