メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

有明ガーデン/店舗数200店超、大型劇場と温浴施設併設で開業

住友不動産は6月17日、東京・有明に大型商業施設「住友不動産ショッピングシティ有明ガーデン」をグランドオープンした。

当初4月24日に開業する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、開業を延期。5月15日に、スーパーマーケットのイオンスタイル、国際クリーニング、ベーカリーズ キッチン オハナの3店を先行オープンしていた。

今回、ファッション54店、雑貨60店、サービス40店、スーパー・食物販9店、レストランカフェ26店、フードコート13店の合計202店がオープンした。

<有明ガーデン>
有明ガーデン

物件が所在する湾岸・有明は、継続発展する湾岸エリアの中でも、特に施設・交通インフラの拡充が進むほか、最も人口増加が予想されている。一方で、地域居住者の生活を支え、来訪者の滞在拠点となる施設がエリアには充足していない実態があった。

そのため、開発街区は湾岸・有明エリアの価値を高めサステナブルな街の形成を促進する施設を目指し、多用途複合街区の中核となる当該商業施設を、これまでの有明になかった「充実の生活利便」と「快適な滞在利便」を有し、周辺施設・地域間をつなぐ新拠点として開発した。

店舗構成は「豊かに味わう・楽しく育む・素敵に暮らす」の3つのテーマに沿って、衣食住のすべてをそろえた「無印良品」都内最大級の店舗、有明オリジナルサービスを導入した「イオンスタイル」など、日常から非日常までの幅広いニーズに対応する合計200店超の多彩な店舗を誘致した。

<無印良品は秋に開業予定>
無印良品は秋に開業予定

大規模複合街区「有明ガーデン」は、湾岸・有明の中心地に位置する約10.7haという広大な敷地に誕生した。街区は、地域の生活や滞在利便、賑わい創出などの機能を高め地域活性を目指した、店舗数200店超を誇る大型商業施設、国内最大、最大約8000名収容の劇場型ホールや劇団四季専用劇場、大規模な温浴施設と749室のハイグレードホテル、総戸数約1500戸のトリプルタワーマンションなどで構成する大規模複合開発となっている。

タワーマンションの現在の入居率は約40%で、今後も足元商圏の拡大が予想される。

<タワーマンションが隣接する>

「住友不動産 ショッピングシティ 有明ガーデン」は、都心至近でありながら、身近に海や公園などの自然豊かなアーバンライフを享受する湾岸有明、その新拠点となる「有明ガーデン」の中核施設として開発した。

ターゲット層は、人気の湾岸エリアに居住されるファミリー層など地域居住者や街区周辺に訪れる人々。「豊かに味わう・楽しく育む・素敵に暮らす」の3つのテーマに沿った、合計203店(東京湾岸初出店38店、SC初出店20店、新業態10店)で構成する。

<イオンスタイル有明ガーデン>
イオンスタイル有明ガーデン

1階は、地域の人々のデイリーサポート機能を配し、2階は来街者を迎えるフロアとして大型ビジョンを擁するセンタースクエアを中心に、アパレル・食物販・雑貨などブロック毎にさまざまなショップを集積した。

3階は湾岸ならではのアクティブスポーツなどのアウトドア、スポーツ用品や生活雑貨を中心とし、4階は都内最大級約180m2のスペースを有するキッズ専用の遊び場を中心にキッズ系専門店を集積、5階は光・音・水・映像の演出が楽しめる、緑豊かな噴水付屋外テラスを囲ったダイニングフロアを配し、レストランや大型フードコートなどで構成する。

<2階の吹き抜け広場>
2階の吹き抜け広場

2階は、ファッション・生活用品・食物販のフロアで、施設2階の吹き抜け広場を中心に、食卓を彩る輸入食材・調味料などを販売するグロサリーショップや話題のスイーツ、カフェ店舗が並びます。ライブ終わりや仕事終わりに最適なカフェダイナーも用意した。

2階吹き抜け広場の裏には、有明地区の人々のライフスタイルに合わせて、衣食住をトータルに提案するため、テナント間に壁がない区画として、「有明コレクション」を設置した。

<有明コレクション>
有明コレクション

3階は、スポーツ・ファッション・生活雑貨のフロア。ニトリデコホーム、エービーシー・マート、ライトオン、スーツセレクト、シューラルー、スポーツオーソリティ、ムラサキスポーツなどを集積した。

<3階のシューラルー>
3階のシューラルー

4階はキッズ・生活サービスのフロア。周辺居住者に子育て世帯が多いことを想定し、施設4階を中心に遊戯スペースや、各種スクール、キッズ関連の物販・サービス店舗を集積し、子育てを楽しくするサポート機能にも注力する。

キッズ関連店舗を集積した施設4階の中心部には、約180m2の大規模な0歳~6歳が対象とした無料の遊び場を配置した。音や光の動きを楽しめる遊具のほか、自由に絵本が読める「ぽっぽ図書館」を用意した。ベビー・キッズ&ファミリーのための楽しく遊べる広場を目指す。

現在、新型コロナウイルス感染症対策として、当面の間、遊び場は休止している。

<4階はキッズ・生活サービスのフロア>
3階のシューラルー

プログラミングや英語を楽しく学べるスクールや、子どもを預けている間に、子どもが学ぶ機会を提供する託児型スクールなど、「学び」に対して、さまざまなアプローチをする魅力的なスクール10店と好奇心をくすぐるおもちゃ店7店を誘致した。子どもの好奇心をくすぐる知育玩具や鉄道模型、絵本など各種を取りそろえた。

<レゴスクール>
レゴスクール

5階は、飲食・美容サービス・アミューズメントのフロア。テラスの開放感を味わえるレストラン街「ダイニングストリート」を設置。テラスからの自然の光が差し込む明るい空間に、デイリーユースから特別な日まで幅広いシーンで利用できる17店のレストランを集積した。

<5階ダイニングストリートの店舗>
5階ダイニングストリートの店舗

5階には陽の光が降り注ぐ明るい空間に全13店の多彩なジャンルの店が連なるフードコートも設置した。約800席のゆとりある席数を確保し、フードコート内でもテラスでも食事を楽しめる。カウンター席からBOX席まで用意、1人でもグループでも、家族でも利用できる空間とした。

<フードコート「有明ダイナー」>
フードコート「有明ダイナー」

5階の屋上テラスには、広さ約250m2の芝生広場があり、さわやかな海風とやわらかな太陽の光を感じながらのびのびと過ごせる開放的なくつろぎスペースを用意した。ポップジェットを設けており、夏場は子どもの水遊びも楽しめる。

大型サイネージも設置しており、噴水と照明、音楽を使ったダイナミックな演出でオリジナルシアターを上映する。

<5階に水のテラスを設置>
5階に水のテラスを設置

5階の屋上テラスをコの字型で囲う形で、6階に雲のテラスを設置。フードコートの商品を持ち込むことが可能で、青空の下、食事を楽しんだり、休憩することができる。

有明ガーデンの当初の目標年間来場者数は、劇団四季を除き1500万人だった。ただ、新型コロナウイルス感染症対策を実施しているため、現在は、近隣住民の利便性を重視した施設運営を行っているため、明確な来館者数の目標数値は定めていないという。

<6階に雲のテラスを設置>
6階に雲のテラスを設置

住友不動産ショッピングシティ有明ガーデンは、住友不動産として、はじめての広域型大型ショッピングセンターとなる。商業施設を運営するにあたり、2月には、プロパティマネジメント業務を担う子会社住友不動産商業マネジメントを本格稼働している。

今後の商業施設開発について、広報部は、「あくまで、開発をする上で必要であれば商業施設を設置する。商業施設を続々と開業する計画はなく、是々非々でやっていく。羽田空港にも商業施設を建設する計画があるため、プロパティマネジメント子会社を設立した」とコメントしている。

■住友不動産ショッピングシティ有明ガーデン
所在地:東京都江東区有明2-1-8
TEL:0570-077-711(代表)
敷地面積:2万1244m2
延床面積:8万7655m2
店舗面積:約4万m2
店舗数:約200店
駐車場:約1900台
階数:地上5階・地下1階
構造:S造、一部RC造、SRC造
運営・管理:住友不動産
https://www.shopping-sumitomo-rd.com/ariake/shopping

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方