小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

松屋/12月の売上4.2%減

松屋(2016年2月期売上高:929億円)が発表した12月売上速報によると、銀座店と浅草店の合計売上高は前年同月比4.2%減となった。

銀座店は、婦人部門では、衣料品においてニットなどの売筋アイテムがあったものの、全体としては売上高は前年を下回った。

一方、婦人雑貨ではストールなどの防寒商材が好調に推移、プレゼント需要において婦人アクセサリーの主要ブランドが好調に売上を伸ばした。

紳士部門では、マフラー・手袋などの雑貨の動きが鈍かったものの、催事「銀座の男」冬市において防寒コートやスーツなどが好評に付き売上高は前年を超えた。

店全体としては、引き続き前年のインバウンド需要の大きな反動もあり、売上高は前年に届かなかった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧