小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン、セブン、ファミマ、オーケーなど/主要チェーン80社の決算を解説、7月10日

流通経済研究所は7月10日、「チェーン小売業動向講座」を開催する。

流通経済研究所の研究スタッフが担当各分野で継続的に収集・整備している6業態主要チェーンの決算、店舗の状況などのデータ、注目すべき動向に関する情報などを包括的に提供するもの。

イオンリテール、イトーヨーカ堂、ユニー、イズミといった大手総合スーパー4社の直近5期の成長性・収益性・生産性トレンド分析、出店・店舗・商品・販売戦略などを解説。

USMH、ライフコーポ、アークス、ヨークベニマル、ヤオコー、バロー、MV西日本、サミット、オークワ、アクシアルリテイリング等食品スーパー主要30社の直近決算と今期予想を紹介する。

ドンキホーテHD、トライアル、オーケーといった大手ディスカウント業態3社の最近の展開、出店・店舗・商品・販売戦略を分析する。

セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソン、大手コンビニ3社の直近5期の成長性・収益性・生産性トレンド分析も行う。

ウエルシアHD、ツルハHD、マツモトキヨシHD、サンドラッグ、コスモス薬品といったドラッグストア大手5社の最近の展開、出店・店舗・商品・販売戦略も解説する。

希望者には、上記に5業態にホームセンターを加えた6業態に関するエクセルデータと、5業態についての報告資料PDFを収めたCD-ROMを提供する。

主要チェーン80社の決算データ等収録のCDでは、直近の業績と戦略動向情報を一挙に提供。営業・提案の資料作成に役立つよう、データ・報告資料はエクセル・PDFファイル(例年100シート程度)で提供する。

■開催概要
日時:7月10日(火)9:30~18:30
会場:流通経済研究所会議室(市ヶ谷駅下車徒歩約5分)
東京都千代田区九段南4-8-21山脇ビル
参加費:講座参加のみ、CD-ROMなしの参加費は1名税込54,000円
講座参加+6業態データ・報告資料CD:1名税込97,200円
参加対象:メーカー、卸売業、IT・物流・販促関連事業者

■詳細・申し込み
http://www.dei.or.jp/form/seminar_180710_form.php

■プログラム
9:30~10:40 日本の小売業態構造の現状と将来展望
日本の小売業態構造の基本的な見方と評価
大手小売業の収入構造、損益構造、生産性の見方
大手小売業の直近決算および動向の注目点
ECの浸透度の評価と今後の小売業態構造変化の展望
(公財)流通経済研究所理事
根本重之

10:50~12:00 総合スーパー主要チェーンの動向
総合スーパー主要9社の直近決算と今期予想
(イオンリテール、イトーヨーカ堂、ユニー、イズミ、平和堂、フジ、イオン九州、イオン北海道、OLYMPICグループ)
大手4社の直近5期の成長性・収益性・生産性トレンド分析
(イオンリテール、イトーヨーカ堂、ユニー、イズミ)
大手4社の最近の展開・・・出店・店舗・商品・販売戦略など
(公財)流通経済研究所主任研究員後藤亜希子
[量販チャネル研究会担当]

12:00~12:50 昼食(お弁当をご用意します)

12:50~14:00 食品スーパー主要チェーンの動向
食品スーパー主要30社の直近決算と今期予想
(USMH、ライフコーポ、アークス、ヨークベニマル、ヤオコー、バロー、MV西日本、サミット、オークワ、アクシアルリテイリング等)
大手4社の直近5期の成長性・収益性・生産性トレンド分析
(USMH(マルエツ)、ライフコーポ、アークス、ヤオコー)
大手4社の最近の展開・・・出店・店舗・商品・販売戦略
(公財)流通経済研究所主任研究員後藤亜希子

14:10~15:10 ディスカウントストア主要チェーンの動向
ディスカウントストア主要6社の直近決算
(ドンキホーテHD、トライアル、オーケー、大黒天、MrMax、PLANT)
大手3社の直近5期の成長性・収益性・生産性トレンド分析
(ドンキホーテHD、トライアル、オーケー)
大手3社の最近の展開・・・出店・店舗・商品・販売戦略
(公財)流通経済研究所主任研究員鈴木雄高
[ショッパー・店頭研究、DSセミナー等担当]

15:20~16:20 コンビニエンスストア主要チェーンの動向
CVS主要6社の直近決算と今期予想
(セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ)
大手3社の直近5期の成長性・収益性・生産性トレンド分析
(セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソン)
大手3社の最近の展開・・・出店・店舗・商品・販売戦略など
(公財)流通経済研究所主任研究員後藤亜希子

16:30~17:30 ドラッグストア主要チェーンの動向
ドラッグストア主要14社の直近決算と今期予想
(ウエルシアHD、ツルハHD、サンドラッグ、マツキヨHD、コスモス薬品、
スギHD、ココカラファイン、カワチ薬品、クリエイトSDHD等)
大手5社の直近5期の成長性・収益性・生産性トレンド分析
(ウエルシアHD、ツルハHD、マツモトキヨシHD、サンドラッグ、コスモス薬品)
大手5社の最近の展開・・・出店・店舗・商品・販売戦略
(公財)流通経済研究所主任研究員後藤亜希子

<特別追加セッション>
講座の主要部分は上記をもって終了し、この時点でCD-ROMを配布するが、チェーン小売業についてより深く理解するために、物流に関するプログラムを追加で提供する。

17:40~18:30 主要チェーンの物流システム
小売業の物流システムの基本
物流センターフィーの概要
主要小売業の物流システム、物流戦略
GMS(イオン、イトーヨーカ堂等)、CVS(セブン-イレブン・ジャパン等)、
SM(ライフコーポ等)、DGS(ウエルシアHD等)
(公財)流通経済研究所主任研究員木島豊希
[流通システム、物流システム等担当]

■問い合わせ先
流通経済研究所
担当:中田・後藤
TEL:03-5213-4533

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

PR記事

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧