メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東急不動産など/「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」着工

2021年07月02日店舗

東急不動産、竹中工務店、イトーヨーカ堂、アインファーマシーズ、キタデンは7月2日、北海道札幌市中央区のススキノラフィラ跡地における「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画の新築工事に着工した。

高さ約78m、地下2階~地上18階建て、食品スーパーマーケットやコスメ&ドラッグストアなどの商業店舗、シネマコンプレックス、ホテルからなる大型複合施設を建設するもの。

すすきのの玄関口においてさまざまなコンテンツをフックにすすきのへの来街者層と来街時間を拡大することで、すすきのの夜のにぎわいに加えて昼のにぎわい創出に寄与することを目指す。

また、札幌とすすきののまちづくりへ貢献するため、「日常的な憩いの場・集いの場となり、にぎわいを創出する屋内外広場」「街の回遊性と公共交通機関の乗り換え利便性が向上する屋内貫通通路」「月寒通(国道36号)に面する屋内バス待合所」「計画周辺店舗へ商品を搬入する配送業者が利用可能な共同荷捌きスペース」を設置する。

<外観イメージ>
20210702susukino1 728x447 - 東急不動産など/「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」着工

計画では、繁華街・すすきのの玄関口「すすきの交差点」に面する立地と、札幌市営地下鉄すすきの駅直結という利便性を活かし、すすきのでの多様な時間の過ごし方を提案する。

地下2階にはイトーヨーカ堂による食品スーパーマーケット、1階の一部にはアインファーマシーズによるコスメ&ドラッグストア、5階~7階にはTOHOシネマズによるシネマコンプレックス、7階~18階には東急ホテルズによるホテルの入居を予定している。

コロナ禍において外出・移動に制限がかかっていることから、リアルなコミュニケーションを求める声が高まっている。古くから国内有数の繁華街としてにぎわってきたすすきのは、アフターコロナにおいてコミュニケーションの場としてのニーズが回復すると考えられる。

すすきのは従来夜の飲食を目的とした来街が中心を成していたが、公共交通機関の乗換駅であり沿線に居住人口を多く抱えることから、昼夜を問わないにぎわいのポテンシャルがあると捉えている。計画では、さまざまなコンテンツを導入することですすきのへの来街者層と来街時間を拡大し、夜のにぎわいに加えて昼のにぎわいの創出に寄与する。

施設の外観は、すすきの交差点から直接アプローチ可能な緑あふれる屋内外広場(2~3階)や、低層商業施設部分だけでなく、閉鎖的になりがちな上層部にもアクセントとして取り入れたガラスカーテンウォールにより、施設内のにぎわいを街中に表出させることを目指している。また、広告看板が街の象徴となっているすすきのの街並みを継承することを意図し、北側外壁面に大型ビルボードを設置する。

<フロア構成イメージ>
20210702susukino2 728x489 - 東急不動産など/「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」着工

■計画概要
所在地:北海道札幌市中央区南4条西4丁目1番1(地番)
用途:店舗・シネマコンプレックス・ホテルなど
敷地面積:約5157m2
建築面積:約4725m2
延床面積:約5万3378m2
階数:地上18階、地下2階
高さ:約78m
駐車場台数:71台(荷捌き用含む)
設計・施工:竹中工務店
竣工・開業:2023年秋(予定)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方