小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/廃棄商品不正転売の再発防止策を発表

ローソンは1月20日、産業廃棄物処理業者「ダイコー」(愛知県稲沢市)から、「みのりフーズ」(岐阜県鳥羽市)に自社商品が不正に転売されていることが発覚したと発表した。

三菱食品に委託し、中間業者を通してダイコーに搬入されたもの。

「契約に基づき適切に廃棄処理されていると考えていたが、今回の件は誠に遺憾。今後は適切に最終処理されるよう、廃棄処理工程の管理と確認を徹底する」(同社)。

再発防止策として、購買データを活用し需給予測の精度アップを図り、廃棄の最小化に努める。

商品の原材料の在庫残が発生した場合、できる限りローソングループ内での再活用に努める。

廃棄する場合、その廃棄委託先への監査を実施し、最終処理のチェックを定期的に行うという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧