メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

キユーピー/ライオン、日本パレットレンタルと関東~九州で共同輸送

2018年08月22日経営

キユーピーは8月22日、ライオン、日本パレットレンタル(以下:JPR)の異業種3社で、船舶による共通トレーラーを利用した共同幹線輸送を開始した。

<従来の物流ルート>
従来の物流ルート

近年の物流業界は、ドライバー不足、物流費の上昇、CO2削減などの課題が深刻な社会問題となっている。安定的な輸送の実現には、持続可能な物流網の構築が必須。

<今後の物流ルート>
今後の物流ルート

これまでキユーピー、ライオン、JPRは、各社個別でトラックなどを手配し、商品・機器の輸送を行ってきた(キユーピー:関東~九州、ライオン:四国~関東、JPR:九州~関西)。

昨今の物流業界での課題を受け、共通の課題を持っていたキユーピー、ライオン、JPR3社による共同輸送の検討を始め、今年6月に関東~九州間の往復(総移動距離2811㎞)で共同幹線輸送のテストを実施した。

その結果、実車率の向上、ドライバーの労働環境改善、CO2排出量の削減などの効果が得られた。

この結果を受け、8月22日から3社による共同幹線輸送を本格稼働する。

積載するのは、キユーピーの調味料、加工食品など、ライオンのハンドソープ、ボディソープなど、JPRの物流機器(パレット)。

総移動距離2811㎞(関東~九州の往復)のうち、2797㎞で貨物を積載するため、99%を超えた高い実車率が得られる。

さらには車両の有効活用、ドライバーの労働環境改善(運行スケジュールの明確化)、フェリーの定期便の利用により配車工数の削減も可能となる。

船舶へのモーダルシフト、実車率の向上、ムダのない運行、車両の有効活用により、個社単位での輸送時よりCO2排出量を62%以上低減する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方