小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

PPIH/グループ各社でレジ袋有料化を開始

経営/2020年07月01日

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は7月1日、レジ袋の削減による地球環境保護のため、全国のグループ店舗のレジ袋を有料化したと発表した。

対象店舗は、ドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテUNY、ドン・キホーテUNY、アピタ、ピアゴ、ピアゴラフーズコア、ピカソ、驚安堂、長崎屋、エッセンス、エキドンキ、ソラドンキ、情熱職人。

レジ袋有料提供開始に伴い、5月31日をもって「レジ袋不要時のmajicaポイント付与」のサービスを終了している。

グループのアピタ、ピアゴ、ピアゴ ラ フーズコア店舗は、2007年以降、食品売場においてレジ袋の有
料化を開始している。食品売場以外のレジ袋は7月1日から有料化を開始した。また、その他のグループ店舗は一部の先行実施店舗を除き、6月1日から有料化を開始している。

店舗によりレジ袋の種類、サイズ展開が異なるため、レジ袋の価格は店頭で確認してほしいという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧