メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ユニクロ/児童養護施設などに「エアリズムマスク」10万点寄贈

2020年12月17日経営

ユニクロは12月16日、全国の児童養護施設、経済的に困難な状況にある子どもの支援拠点、難病児支援施設など計369施設を対象に、「エアリズムマスク」約10万点とアウターなどの冬物衣料2640点を寄贈すると発表した。

<錦織圭選手が「エアリズムマスク」と冬物衣料を進呈>
20201217u1 728x485 - ユニクロ/児童養護施設などに「エアリズムマスク」10万点寄贈

これに先立って、ユニクロのグローバルブランドアンバサダーでプロテニスプレーヤーの錦織圭選手が、都内の児童養護施設をサプライズ訪問。施設で生活する子どもたちと職員に「エアリズムマスク」と冬物衣料を届けた。

<子どもたちからの質問に答える錦織選手>
20201217u2 728x485 - ユニクロ/児童養護施設などに「エアリズムマスク」10万点寄贈

錦織選手は、施設代表者にプレゼントの入った箱を手渡した後、子どもたちからの質問に答え、最後は「エアリズムマスク」のデコレーションワークショップを子どもたちと一緒に楽しんだという。

<ワークショップを子どもたちと一緒に楽しんだ>
20201217u3 728x485 - ユニクロ/児童養護施設などに「エアリズムマスク」10万点寄贈

今回の寄贈は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、経済的事情などによりマスク、衣料といった生活必需品を必要とする子どもたち、感染リスクの高い難病児への支援を目的として実施するもの。

支援物資は、日本財団が展開する「子どもサポートプロジェクト」の「第三の居場所」事業と「難病の子どもと家族を支えるプログラム」事業、児童養護施設を支援する一般財団法人みらいこども財団を通じて、全国の施設に届けられる。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年05月18日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方