メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ソウゾウ/和歌山県の高校と連携、学校生産品を「メルカリShops」で販売

2022年05月31日経営

関連キーワード:

ソウゾウは5月31日、和歌山県教育委員会と連携し、和歌山県の農業高校生徒が生産したジャムなどを、同県の商業高校生徒が「メルカリShops」上で全国販売するプロジェクトを開始すると発表した。

6月13日のキックオフミーティングでは、ソウゾウ社員による生徒向けのEC化支援ワークショップを実施する。

<メルカリShopsにおいて学校で作ったジャムを販売>
メルカリShopsにおいて学校で作ったジャムを販売

ソウゾウは、簡単にネットショップを開設できる「メルカリShops」を2021年10月より提供開始。「メルカリShops」は「かんたんで、売れる」をコンセプトに、スマホ一つでネットショップを開設し、ショップ運営者が商品を直接販売することができる、Eコマースプラットフォーム。「メルカリ」に出品するのと同様の簡単な操作で、誰でも「メルカリ」アプリ内にネットショップを持つことができ、独自の集客なしで「メルカリ」の月間2000万人以上の利用者に届けることが可能となっている。

また、同社は、EC化支援事業を通した地域振興を推進している。和歌山県教育委員会は、県内の農業科と商業科の学科横断的な取り組みを推進し、地域への興味を喚起することで、専門学習を実践的に活用することへ力を入れている。

今回、「メルカリShops」が目指す地域の活性化と、和歌山県教育委員会が推進する実践的な学びの場提供という考えが一致したことから、「メルカリShops」を活用した学校生産品の全国販売プロジェクト開始を決定したという。

<生徒のビジネスマインドを育成>
生徒のビジネスマインドを育成

具体的には、和歌山県の県立南部高等学校、県立紀北農芸高等学校の生徒が生産したジャムなどの加工品を、県立和歌山商業高等学校の生徒が「メルカリShops」上で販売。同授業は、生徒の地域理解促進やビジネスマインドの育成を目的としている。

■教育機関向け問い合わせ先
ソウゾウ政策企画担当
https://about.mercari.com/contact/mercari-shops/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方