メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/3~8月増収増益、バタービスケットサンドなどヒット商品好調

2021年10月14日決算

関連キーワード:

ファミリーマートが10月14日に発表した2022年2月期第2四半期連結決算は、営業収益2411億6300万円(前年同期比2.3%増)、事業利益484億5700万円(50.5%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益893億7500万円(前年同期は107億2500万円の当期損失)となった。

「お値段そのまま40%増量作戦」といった創立40周年の販促企画、第1四半期に引き続き好調なコンビニエンスウエア、バタービスケットサンドなどの新たな看板商品のSNS・メディアでの話題化が奏功した。

他ブランドとコラボしたフラッペ、SPAMむすびなどのヒット商品が販売好調、既存店日商は前年同期比4.1%増と前年を上回った。

ファミペイの「お試しクーポン」、「1個買うと、1個もらえる」など、再来店施策が寄与し客数は2.2%増。客単価は1.9%増。

日商増加に加え、近年の構造改革により事業利益・親会社所有者帰属利益は前年同期より大幅改善した。基礎収益ベースでの年間計画進捗率は74.5%となった。

下期は、新プライベートブランド「ファミマル」、デジタルサイネージを通じたメディアコンテンツ事業、ファミペイの金融サービス拡大などに取り組む。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年10月19日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方