小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/塩2.3g以下、野菜が摂れる冷凍食品「野菜を食べるビビンバ」

ローソンは3月20日から、ナチュラルローソンブランドとして、エスニック冷凍食品4品を発売する。

<野菜を食べるガパオライス>
野菜を食べるガパオライス""

ナチュラルローソンでは、商品開発の際に「塩分を少なめに」、「野菜を多く使用する」など独自の商品開発基準を持っており、今回の商品の1食あたりの食塩相当量は2.3g以下となっている。

<野菜を食べるビビンバ>
野菜を食べるビビンバ

3月20日から、なす、ニンジン、ブロッコリー、レンコン、スナップえんどう、玉ねぎなどを、もち麦を配合したごはんに盛り付けた「野菜を食べるガパオライス」(税込399円)、かぼちゃ、ズッキーニ、赤ピーマン、玉ねぎ、セロリを、もち麦を配合したごはんに盛り付けた「11種のスパイス薫るバターチキンカレー」(399円)が登場。

3月27日より、もやし、にら、ニンジン、ほうれん草、たまごそぼろや、コチュジャン、ゴマ油、唐辛子で味付けした肉味噌を、もち麦を配合したごはんに盛り付けた「野菜を食べるビビンバ」(399円)、「オクラ、揚げナス、赤ピーマン、玉ねぎ、たけのこなどを、もち麦を配合したごはんに盛り付けたココナッツミルク仕立てのグリーンカレー」(399円)がラインアップに加わる。

「野菜を食べるガパオライス」と「野菜を食べるビビンバ」では、1食分の野菜が摂ることができる。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧